超便利!Macのショートカットキー

Macイメージ画像

Macショートカットキー10選+α(不定期追加)

私はMacのテキストエディターで記事の下書きを書くことにしているのですが、このテキストエディターで使うと便利なショートカットキーというものがあります。

テキストエディターでよく使う10個のショートカットキーは次のようなものです。

最頻10選

(1) 「command + T」
フォント設定ウインドウを開くことができます。

(2) 「command + C」
→選択した文字や文章をコピーできます。

(3) 「command + X」
→選択した文字や文章をカットできます。

(4) 「command + V」
→選択した文字や文章をペーストできます。

(5) 「command + K」
→カーソルより右側の文字を行末or段落末まで削除できます。

(6) 「command + F」
→みじや文章の検索ウインドウがを開くことができます。

(7) 「command + →」
行の末尾にカーソルを移動できます。

(8) 「command + ←」
行の先頭にカーソルを移動できます。

(9) 「command + ↑」
全文の先頭にカーソルを移動できます。

(10)「command + ↓」
全文の文末にカーソルを移動できます。

一度使い始めると本当に便利で、もう止められませんね!

+α のショートカットキー(随時追加)

・「option + ドラッグ & ドロップ」
コピーしたファイルを新規作成することができます。

・「command + tab」
アプリケーションを切り替えることができます。

・「control + → or ←」
→複数のアプリをフル画面表示しているときにアプリを切り替えることができます。

・「control + 上下への2本指スワイプ」
→トラックパッドを2本指で上にスワイプすると画面全体が拡大され、下にスワイプすると画面全体を縮小することができます。ただし、縮小は元々の大きさまでしか縮小できません。しかし、画面の拡大機能は老眼や禁止の方には超便利ですね!

・「command + ↑」
1つ上のフォルダーに戻すことができます。これは上のフォルダに戻るボタンのないMacでは凄く便利で使用頻度の高いショートカットですよ!

・「command + ↓」
1つ下のフォルダーに進むことができます。

・「command + shift [+] or [-]」
文字のフォントサイズを大きくするor小さくすることができます。

・「command + option + F」
→選択した画面を最大化 or 元の大きさに復元できます。このショートカットを押すごとに最大化と大きさの復元が交互に繰り返されます。意外と便利ですね

・「command + Qを2回押す」
アクティブになっている「アプリ」を強制終了します。DOCからも消えてしまうので超便利とは言えませんけど・・・

トラックパッド

「2本指スワイプ」
→タッチパッドを2本指で右にスワイプするとブラウザーの画面前に開いていたページに戻り、左にスワイプすると元の画面に戻すことができます。

「Google Mapで2本指スワイプ」
→タッチパッドを2本指で下にスワイプするとGoogle Mapの地図拡大され、上にスワイプすると縮小します。上に向けて「あっち行けあっち行け」で縮小して、下に向けて「こっち来いこっち来い」で拡大するというイメージでしょうか。

「Google Mapで2本指ピンチアウト or ピンチイン」
→タッチパッドを2本指でピンチアウトするとGoogle Mapの地図拡大され、ピンチインすると縮小します。これは直感的ですね。