結構、使える128kbps?

お仕置きモード128Kbpsの実用性は?

私は、iPhone6 plusをiPhoneⅩに替えたとき、

Softbankショップのお兄さんの勧めに従って、

通信プランを1G/月の最安値プランにしました。

WiMAXの無線WiFiルーターを契約しているし、

自宅ではWiFiを使うのでいいかと、最低最安値プランにしたのです。

ところがところが!

自宅外であれこれネット検索して、EverClipperを使って、それをEvernoteに保存したり、ワードプレスを更新したりすると、

動画なんか観なくても1Gはあっという間に超えてしまいます。

この通信量を超えてしまうと、128kbpsという超低速お仕置きモードになってしまうのです。

この128kbpsがどれくらいの遅さになるかというと、

画像も表示されているGoogleの検索ページを表示されるのに約38秒かかるという遅さです!

あるクリニックを検索した場合は、完全に表示されるまでに、なんと1分30秒という超低速モードになってしまいました。

こんなの使い物にならない!

と思いきや、英文での検索は3〜5秒という実用的なスピードで検索できることが分かりました。

先にあげたクリニックのサイトも、URLという英語で検索すると7秒程度、その他の英語サイトも10秒以内くらいで表示されます。

サイトにある画像の多さが表示スピードに大きく影響するのでしょうが、

128kbpsでも、テキストベースのサイトならイライライせずに閲覧することができそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*