PTPManagerが超便利!iPhoneでちょこっと修正

FTPManagerが凄い!

htmlとかphpは正直分からないけど、iPhoneで手軽にサイトコンテンツの内容を、テキストだけでも手軽に編集したいと思うことがあります。例えば、「オンライン」という言葉を「オンライン飲み会」に変更したい場合などです。この変更をiPhoneで簡単に行えるのが「FTPManager」というアプリです。

それぞれのレンタルサーバーの管理画面にあるFTP設定画面から行うこともできるのですけど、ブラウザーを立ち上げて、ブックマークしたレンタルサーバーの管理画面にログインし、FTP設定画面に移行して目的のページのファイルを探して開いてテキストを修正する。この操作は面倒です。

わたしのホームページはロリポップ のレンタルサーバーを使っています。以前は、FTP client by ロリポップ!(iOS用)というiPhoneアプリを使って、テキストのみの微修正を行なっていました。しかし、2016年2月8日にそのアプリが廃止されてしまったのです。それからはiPhoneでホームページのテキスト内容を編集することを止めてしまいました。

WordPressやQHMはまだiPhoneでホームページを修正可能

わたしのホームページは、メインサイトを北摂情報学研究所が販売していた「Quick Homepage Maker Pro」通称QHM(のちにHAIKと名称変更)というサイト作成ソフトを使って作っています。このソフトは非常に使いやすくて、最近は主流となっている「WordPress」などに比べて使い方が格段に分かりやすいソフトでした。

ところが、北摂情報学研究所がこのソフトのアップデートや販売を止めてしまったことで、新たに新規ドメインやサブディレクトリにQHMをインストールすることができなくなってしまいました。

そこで仕方なく、ホームページにサブディレクトリを2つ設定して新たなサイトを立ち上げる際に、1つのサブディレクトリには「WordPress」をインストールし、もう1つのサブディレクトリには「SIRIUS」で作成した記事をアップロードすることにしました。

iPhoneには「WordPress」というアプリがありますが、これにはサイトにあげた記事の一部しか表示されないという不具合があって使えないアプリで使用に耐えません。しかし、WordPressはレンタルサーバーにアプリ本体がインストールされているので、iPhoneでもブラウザー経由で自由に記事を修正できるので不自由はそれほどでもありません(ちょっと煩わしいですが・・・)。QHMも同様です。

サイト作成アプリ「SIRIUS」で困った!

ところが「SIRIUS」が問題でした。SIRIUSはWordPressやQHMと異なり、アプリ自体はレンタルサーバー内ではなくパソコン内にインストールされています。しかもSIRIUSはWindowsでしか使えないのです。

ですからMacでSIRIUSを使おうとすると、Boot CampにWindowsをインストールしたりしてMacをデュアルOS化し、Boot CampのWindowsにSIRIUSをインストールしなければ使えません。

SIRIUSで作成したサイトだと、例えば「彼が」を「彼は」に修正したい時にもMac OSを再起動してoptionキーを押し続けてOSをWindowsに切り替え、それからSIRIUSを立ち上げるという作業が必要になるのです。これが相当時間がかかります。

ちょっとしたテキストの変更くらいはiPhoneでサクサク行いたい!そこで探し出したのが「FTPManager」というアプリでした。

FTPManagerは使いやすさ抜群!

まずはアプリを立ち上げます。
FTPManager

アプリには「FTPManager」と「FTPManager Pro(370円)」があり、無料版は1つのサイトの登録しかできません。無料版で2つ目のサイトを登録しようとすると、図の様な警告が表示されます。私は370円払ってプロ版を購入しました。
FTPManager警告

レンタルサーバーのファイルを管理したいときは、右上の「+」マークをクリックします。
FTPManager接続追加

すると画像の様な画面が表示されるので、「FTP」をクリックします。
FTPManagerFTP

次の様な画面になるので、赤枠で囲った部分に必要な情報を入力します。ロリポップ の場合は、画像に記されている様な情報を入力するといいです。
FTPManager情報入力

このままでは日本語が文字化けするので、ギアマークをクリックして・・・
FTPManager日本語設定

テキストエンコーディングをAutomaticに設定します。
FTPManager日本語設定2

接続のところに登録したレンタルサーバーへのFTP処理ができるタグが表示されるので、これをクリックします。
FTPManagerアクセス

するとレンタルサーバー内のファイルを閲覧修正できる様になります。
FTPManagerファイル

あるファイルをクリックすると次の様な画面が表示されるので「Text Editor」をクリックします。
FTPManagerTextEditor

するとファイルの内容が表示されて編集もできる様になります。
FTPManager編集

Htmlとかphpが分からなくてもテキストだけなら修正できるのは嬉しい限りですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*