さらに巧妙!Amazon偽メール

次のようなメールが送られて来ました。

ーーーーーここから偽メールの内容です。

今すぐあなたのアカウントを確認してください

Аmazon お客様 ○○○@×××××.jp

Аmazon に登録いただいたお客様に、Аmazon アカウントの情報更新をお届けします。

残念ながら、Аmazon のアカウントを更新できませんでした。

今回は、カードが期限切れになってるか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報を更新できませんでした。

アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため Аmazon アカウントの 情報を確認する必要があります。下からアカウントをログインし、情報を更新してください。

Аmazon ログイン(ここにリンクが貼られています)

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。

アカウントに登録のEメールアドレスにアクセスできない場合

お問い合わせ: Amazonカスタマーサービス。

お知らせ:

パスワードは誰にも教えないでください。

個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してください。

オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください。

どうぞよろしくお願いいたします。

Аmazon

ーーーーーここまで

念のため送信先として表示されている部分を2回タップするとメールアドレスを確認できるので確認してみると「○○○@amazon.co.jp」とあります。

えつ?ドメイン名が「amazon.co.jp」となっています!これは本物か?と思ってしまいましたが、念には念を入れてリンク先のURLをコピペして確認してみたら、「https://amazomds○○○○○.xyz/」となっていて、「amazon.co.jp」とは似ても似つかないURLでした。

以前の記事で書いたAmazon偽メールよりももっと巧妙なフィッシングメールになっていますね。気をつけないといけないですね。

蛇足:メールに貼ってあるリンクの確認方法

リンクを長押しすると次の画像のような画面が表示されるので「リンクをコピー」をタップしてリンクのURLをコピーします。それをテキストエディターなどにコピペしてURLを確認しましょう。ただしiPhoneなどのメモアプリにコピペするとリンクが貼られてしまうので、それをクリックしないよう注意しましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*